最新情報内を検索

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

リンク

おすすめ

おすすめ

おすすめ

mobile

qrcode

その他

■日本プレイセンター協会 *最新情報*

日本プレイセンター協会の活動に関する最新情報をタイムリーにお届けします。

恵庭市のプレイセンター「キオラ」へ

2015年7月5日・6日の2日間、理事長佐藤と副理事長足立の2名で
恵庭市のプレイセンターへ行ってきました。
ログハウスの頃のプレイセンターには何度か行きましたが
フーレめぐみのに移ってからの訪問は初めてです。
参加者の皆さんとまたひとつ絆が生まれ、私たちも温かい気持ちになりました。

プレイセンターは子育てをしながらの運営ですので、かなりの負担がありますが、
仲間と子育てをしながら、子どもと親が一緒に育ちあう場所を
これからも恵庭で守っていって欲しいと強く願っています。

皆さんとのお話合いやジンパ(ジンギスカン・パーティー)とっても
楽しかったです。私たち協会は、恵庭PCをこれからもバックアップしてきます〜。
お迎えいただきましたメンバー、ノーニーズ、いのさん、スタッフの皆さん、
市役所の担当者の方々ありがとうございました♪
  • -

山形県 プレイセンターポピンズを訪問

2015年6月15日・16日の二日間、代表の佐藤が山形県鶴岡市の南部児童館で活動中のプレイセンターポピンズを訪問してきました。

順を追って、2日間の様子をご報告します。
15日 午前中
セッション
小麦粘土・ひまわり(お庭)・絵本・お絵かき・お歌とダンス・トンネル遊び・パズルコーナーなどが設定されていました。2歳児さんが多いポピンズですが、身体に絵の具をたっぷりつけて、ダイナミックに遊ぶ風景を見て、ニュージーランドのセッションを思いだしました。お母さんも「どんどん遊びなさい」と大らかに受け入れ、子どもも安心して遊んでいました。
プレゼントで持参した布で、「上から下から大風こい!こい・こい・こい!」と歌い遊びました。子どもたち大興奮!!



15日 午後
まなびあい 親用テキストの入門2 スーパーバイザーみさりん
皆でテキストを輪読し、日本や山形の子育て状況について語り合いました。
積極的に発言するお母さんが多く、互い悩みを共有できる文化がそこにはありました。
今期始まってまだ2カ月ですが、時間が足りないくらい話が盛り上がりました。

16日 午前
鶴岡市社会福祉協議会訪問 佐藤次長さまとプレイセンターについて会談
鶴岡にプレイセンターが増えて欲しいとの願いを込めてお話しさせていただきました。

スタッフ研修
プレイセンターポピンズの活動に関する改善点や今後の計画、各スタッフの役割などを
確認しあいました。

午後
出羽三山へ観光
パワースポット好きの佐藤。たくさんのよい気をもらってきました。
携帯で洪水警戒情報が流れ驚きましたが、山の上だけが大雨だったようです。

児童館めぐり
前回の訪問で伺えなかった児童館3館をめぐり、職員の方々にご案内いただきました。

山形でお世話になった山口館長、みさりん、ゆいぴ、ひろる、まーくん、菊池さま、加奈子さま、山形サークルランド野口様、佐藤次長様、各児童館の先生方、ポピンズの親子の皆様本当にありがとうございました。ポピンズがすてきな育ちあいの場所になっていて大変うれしかったです。






 
  • -

6月14日 日本プレイセンター協会第三回総会を開催

2015年6月14日(日)11:00〜12:00
東京ボランティアセンター会議室Cにて、日本プレイセンター協会の総会を開催いたしました。

お陰さまで特定非営利活動法人となり、3回目の総会をむかえることができました。会員の皆さま、ありがとうございます。また、事務作業など数々の業務を担ってくださっているプレイセンターの卒ママ・卒パパのご協力に助けられてここまで来ることができました。任意団体としての活動が10年以上、そしてNPO法人となって3年目を迎え、少しずつ協会としての動きが変化して参りました。本年度は、各地のプレイセンターのサポート業務やDVDのリニューアル、スーパーバイザー講座等に力を入れて取り組んでいく計画です。


今回の総会は、北九州や八丈島からの活動者や社員を含め、9つのプレイセンターの代表者が集結し、互いの活動の悩みなどを共有することもできました。27年度も引き続き、日本各地のプレイセンターの活動を充実させ、応援していくために協会としての使命を忘れず、努力していきたいと存じます。今後とも、皆さんのお力添えを宜しくお願いします。

  • -

調布市でプレイセンターの説明会をしました

昨日は、調布市に4月からオープンする「こどもとフラット」の施設説明会でした。
プレイセンターがその施設内にオープンします。
待機児童対策に偏らない、子育て支援事業、地域の親子の活動拠点づくりがこれからますます求められてきます。
参加者からは「調布にプレイセンターを運んで来てくれてありがたいです。今から、参加するのが
楽しみです」とお言葉をいただきました。
7日土曜日も調布たづくり(西館2階)にて説明会を行います。
時間帯は、9:30〜12:00です。ぜひ、ご関心ある方はお越しください。

スタッフ一同お待ちしています。

お申し込み先:プレイセンターちょうふ
社会福祉法人調布白雲福祉会 理事長 宮武慎一

調布市に新たなプレイセンター:3月3日と7日に施設発表会を実施

4月オープン! 調布市の新子育て施設発表会
親子広場「プレイセンターちょうふ」&カフェ「aona
調布駅南側ロータリー付近に建設中のビル「セントラルレジデンス調布ステーションコート」の2階に、新しい市の子育て施設がオープンします。親が主体となって運営する親子広場「プレイセンターちょうふ」と、地域住人どうしの交流で助け合いの子育てを促すカフェ「aona」です。以下、施設概要発表会を開催します。ご興味のある方はどなたでも参加できます。
【内容】
第1部
カフェ「aona」について
<運営: NPO法人ちょうふ子育てネットワーク・ちょこネット>
    ・イベント利用、販売チャレンジ事業について
    ・コサイト編集部機能について
    ・「子育てへの出番づくり」 運営方針の紹介
第2部
親子広場「プレイセンターちょうふ」について
<運営:社会福祉法人調布白雲福祉会>
    ・親が主体となる保育活動「プレイセンター」の紹介
    ・定期利用保育の利用説明および申し込み受付
    ・リフレッシュ保育の利用方法
【日程】
3月3日(火)9:30〜12:00
会場:たづくり8階 映像シアター
3月7日(土)9:30〜12:00
会場:たづくり西館 予防センター
※´両日ともお子様の託児はございません。お連れの際には、保護者様と同伴でご参加ください。
両日同内容です。
【お問い合わせ先】 info@shiragumo.com (宮武さま)
  • -

新刊本 『早わかり 子ども・子育て支援新制度』

日本プレイセンター協会佐藤純子と日本保育協会今井豊彦編による『早わかり 子ども・子育て支援新制度 –現場はどう変わるのか-』が(株)ぎょうせい出版より出版されました。本書は、平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づき、平成27年4月から本格的にスタートが予定されております「子ども・子育て支援新制度」について、制度策定の背景から、制度の全体像、運用のポイント、今後の流れと課題等を体系的にまとめたものです。新制度では、地域子育て支援事業がさらに強化されることになっております。プレイセンターもその追い風に乗れるよう皆で一丸となってがんばりましょう。お時間があります時に本書をお読みいただければ幸いです。

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A9%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A-
%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%83%BB%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%96%B0%E5%88%B6%E5%BA%A6-%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E7%B4%94%E5%AD%90/dp/432409893X/ref=pd_sim_b_4?ie=UTF8&refRID=1F3NWE195KE5W19RKXHB

THEプレイセンター11/13開催

♪プレイセンターかんがるー主催のイベントを開催します♪

プレイセンター16分野の遊びの中からかんがるーで人気の遊びをみなさんにも体験してもらう会を開催することになりました。

その名も【THE プレイセンター】
参加費無料、申込みなども必要ありません。
汚れてもいい服で遊びに来てね☆

【日時】11月13日(木)10〜12時
【場所】小杉こども文化センター 3階
http://www3.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/seishonen/shisetsu/3/11/
東急東横線&JR南武線 武蔵小杉駅 徒歩3分

【当日実践するあそびの例】
・小麦粘土
・野菜スタンプ(絵の具&科学遊び)
・パズル&ブロック
・本
・テント&衣装(ごっこ遊び)
・おえかき&コラージュ

お問い合わせは、以下かんがるーブログのコメント欄にお願いします。

http://pckangaroo.blog.fc2.com/blog-entry-158.html

山形県鶴岡市でスーパーバイザー養成講座を開催しました

2014年10月12日、三連休の中日となりますが、山形県鶴岡市南部児童館に隣接する「鶴岡市第一学区コミュニティー防災センター」にてスーパーバイザー養成講座を実施してきました。これからも出前講座を積極的に実施していこうと考えています。ご関心ある方は、info@playcentre.jpまでお問い合わせください。鶴岡市の滞在記録は、ブログをご覧ください。http://blog.playcentre.jp/

プレイセンターかんがるーで講演・ワークショップを行いました

9月29日月曜日に川崎市中原区で長年活動している「かんがるー」さんで「プレイセンターの遊びと実例」をテーマに講演会・ワークショップを行ってきました。詳細は、ブログをごらんくださいね! http://blog.playcentre.jp/
 
  • -

【新刊本】親が参画する保育をつくる

当協会、初代代表・池本美香編の新刊本親が参画する保育をつくる−国際比較調査をふまえて」が8月31日に発刊されました。

親は、保育の消費者ではなく、共同生産者です。保育士不足、予算制約のもとで
質の高い保育を提供するには、親の力が必要です。
本書では、親の力を生かす12カ国の保育実践を紹介しています。

現代表の佐藤純子も執筆に加わり、「10章 ニュージーランド:親も学ぶ幼児教育施設」を担当しています。もちろん、プレイセンターのことが中心に書かれています!!
その他の章も大変興味深いです。

ぜひ、ご高覧くださいませ。


 

<< | 2/7PAGES | >>

このホームページに掲載の記事・データベース情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Japan Playcentre association