最新情報内を検索

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

リンク

おすすめ

おすすめ

おすすめ

mobile

qrcode

その他

■日本プレイセンター協会 *最新情報*

日本プレイセンター協会の活動に関する最新情報をタイムリーにお届けします。

北九州市7月16日開催の講演会「地域に拡げよう!親も育つプレイセンター」のお知らせ

ムーブフェスタ2017市民企画事業

 

地域に拡げよう!


親も育つプレイセンター

 

 

講師:佐藤 純子先生
(淑徳大学短期大学部こども学科教授 日本プレイセンター協会代表)

日時:2017年7月16日(日)10:00〜12:00
会場:北九州市立男女共同参画センター・ムーブ 5階

 

子どもの「遊ぶ」をだいじにする場所
助け合う場所    
親自身が、学び、成長する場所


趣旨:プレイセンターは、70年前にニュージーランドではじまりました。現在も、政府から補助金を受けて活動し、幼稚園や保育園以外の乳幼児期の幼児教育の場として、子育ての選択肢の一つとなっています。『親が協力して、‘子どもが自発的に遊びたくなる環境’を
つくる』、『運営するために親が学ぶ』ということを大事にします。プレイセンターを協働で運営することを通じて、親は、「自信」と「仲間」を得ることができ、子育てがもっと楽しいものになります。
日本国内のプレイセンターは、北海道から九州まで現在約15ヶ所、そのうち、3ヶ所が北九州市内にあります。
目指すのは「助け合いのネットワーク」。「子育てが楽しかった」「子育てを通じて成長できた」という参加者の声も多く聞くことができ、コミュニティ・エンパワメントの活動にもなっています! (育休中の親も多く参加しています)
日本において、これから子どもをどう育て、どのような社会を作るのかを考える時、プレイセンターの活動が地域に拡がったら!!つながることをおそれずに、親同士が支え合う地域をかならずつくっていけると思います。ぜひ、プレイセンターを知ってください!


★定員:先着40名 ★資料代 500円 
★託児 先着10名 一人500円 〔締切:7月10日(月)〕 
★問合せ・申込 岩丸 070-5532-5082 
Haru2020@jcom.home.ne.jp

 

■佐藤 純子(さとう じゅんこ)先生 プロフィール
1973年東京都生まれ
淑徳大学短期大学部こども学科教授 日本プレイセンター協会代表
早稲田大学大学院人間科学研究科博士課程単位取得退学 博士(人間科学)
公益社団法人程ヶ谷基金「第2回男女共同参画・少子化に関する顕彰事業」優秀賞受賞(2011年12月)
*主な著書・論文
『プレイセンターの運営』(日本プレイセンター協会、2011年、訳書)、『子ども子育て支援シリーズ第2巻 拡がる子育て支援』(ぎょうせい、2017年・・北九州のプレイセンター活動についても掲載)、『親こそがソーシャルキャピタル:プレイセンターにおける協働が紡ぎだすもの』(大学教育出版、2012年)など。   

 

■主催団体 NPO法人北九州子育ち・親育ちエンパワメントセンターBee
真の子育て支援とは何かを常に問い直しながら、市内外の子育て支援の人、情報、ソフトなどの様々なリソースを集積しています。 そして、支援の気持ちのある人が参画しやすいように、また、地域の施設を核とした地域の子育て支援が有効に機能するように、コンセプト、ノウハウ、資源、人材、スキルなどのあらゆる面での支援のコーディネートを行う中間支援組織として、新たな支援の仕組みを開発し、発信していきます。そのことを通して、北九州市が子育てしやすい地域となるように貢献していきます。 http://www.k-bee.net/


=*=*=FAX申込票 (送信先:093-962-5713)=*=*=


参加申し込み票


お名前:(複数のお名前を書いてもOKです。所属がある場合はご記入ください)
代表者連絡先:(携帯等)


託 児(定員は10名です。おはやめに!):     
*名前            
*年齢       

*アレルギーなど担当者に伝えること
*個人情報はこの企画に関する事以外には使用しません。
*FAX・メールの場合は返信を以って「受付完了」となります。返信に2・3日かかる場合があります。返信がない場合はお問い合わせください(イワマル 070−5532−5082)

お知らせ・申込書のダウンロードはこちら

 



このホームページに掲載の記事・データベース情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Japan Playcentre association