最新情報内を検索

カテゴリー

最近の記事

過去の記事

リンク

おすすめ

おすすめ

おすすめ

mobile

qrcode

その他

■日本プレイセンター協会 *最新情報*

日本プレイセンター協会の活動に関する最新情報をタイムリーにお届けします。

2018年9月開催予定の ニュージラーンド幼児教育視察研修のご案内

研修地:ニュージーランド オークランドとハミルトン

期間: 2018年9月2日(日) 〜 9月7日(金)6日間 成田空港発着

募集人数:14名 (最少催行人数12名)

募集締め切り:2018年5月18日(金)

旅行代金:398,000円

旅行代金に含まれるもの:渡航費用、研修・視察費用、ガイド費用、

滞在費用等(2名1室を基本)

 

※一人部屋利用追加料金別途

※その他費用として、空港諸税がかかります。

(為替レートの変動により改定になります。 2018年3月現在:約8,500円)

※添乗員は同行しません。

 

お問い合わせ・お申込み

(株)アサヒトラベルインターナショナル

観光庁登録第141号・日本旅行業協会(JATA会員)・国際航空運送協会(IATA)公認

〒101-0042東京都千代田区神田東松下町13 神田プラザビル7階

電話:03-3526-3581 FAX:03-3526-3582

ホームページ:http://www.ati-jp.com 営業時間(平日:9:00-18:00)

メールアドレス:kageyoshi@ati-jp.com

総合旅行業務取扱管理者:上杉 真 担当者:影吉・堀

 

ニュージーランドには“テ・ファリキ”と呼ばれる保育指針があります。

幼稚園、保育園等の施設では、テ・ファリキを指針とした自由保育が実施されています。

今回の研修では、現地の大学「ワイカト大学」でレクチャーを受け、保育園または幼稚園の視察を行います。

プレイセンター、コハンガレオ、小学校も訪問しますので、様々な保育・教育の現場を見ていただくことができます。

ワイカト大学では、ラーニングストーリーとテファリキのレクチャーを予定しています。

今年5月の保育学会大会の基調講演でも、ラーニングストーリーがテーマとなり、

ワイカト大学のマーガレット・カー先生が登壇します。世界的に注目されている記録技法を

ワイカト大学の講師から直接学ぶことのできる大変貴重な機会です。

今回の研修にはニュージーランド幼児教育の研究者である、

淑徳大学短期大学部こども学科教授佐藤純子先生が同行してくださいます。

◆参考文献◆ プレイセンターの実践が掲載されています。

佐藤純子編(2017)『子ども・子育て支援シリーズ第2巻 拡がる地域子育て支援』ぎょうせい.

 

 


子ども・子育て支援シリーズ 第2巻 拡がる地域子育て支援

2017年2月に、以下の本が発刊となりました。

子ども・子育て支援シリーズ 第2巻 拡がる地域子育て支援

 


新刊本 『早わかり 子ども・子育て支援新制度』

日本プレイセンター協会佐藤純子と日本保育協会今井豊彦編による『早わかり 子ども・子育て支援新制度 –現場はどう変わるのか-』が(株)ぎょうせい出版より出版されました。本書は、平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法」に基づき、平成27年4月から本格的にスタートが予定されております「子ども・子育て支援新制度」について、制度策定の背景から、制度の全体像、運用のポイント、今後の流れと課題等を体系的にまとめたものです。新制度では、地域子育て支援事業がさらに強化されることになっております。プレイセンターもその追い風に乗れるよう皆で一丸となってがんばりましょう。お時間があります時に本書をお読みいただければ幸いです。

http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A9%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%82%8A-
%E5%AD%90%E3%81%A9%E3%82%82%E3%83%BB%E5%AD%90%E8%82%B2%E3%81%A6%E6%94%AF%E6%8F%B4%E6%96%B0%E5%88%B6%E5%BA%A6-%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E7%B4%94%E5%AD%90/dp/432409893X/ref=pd_sim_b_4?ie=UTF8&refRID=1F3NWE195KE5W19RKXHB

日本プレイセンター協会 第2回総会を開催しました

平成26年6月15日(日)飯田橋セントラルプラザにて
通常総会を開催しました。滞りなく第2回総会が終了しましたこと
ここにご報告いたします。
総会決議会場案内
平成26年度の事業計画としては、主に以下の2点に注力したいと考えております。

 峪劼匹癲子育て支援新制度」が来年度から実施予定と
なっています。協会では、地域子育て支援拠点事業や
認定こども園の子育て支援事業で新たな事業を模索している
自治体、幼児教育機関、民間支援者の方々、子育ての居場所を
求める保護者の方々に広く「プレイセンター」を知っていただけるよう
広報活動を強化していきます。

現在活動中のプレイセンターや今後プレイセンターをやってみたいと
考えている団体への支援を行います。特に首都圏以外のプレイセンターに対する
協力体制を強化します。具体的には、地方におけるプレイセンターの立ち上げ支援や
地方版スーパーバイザー養成講座を実施していきたいと思います。

会員につきましては引き続き募集活動を行っております。個人会員、団体会員(正会員・賛助会員)に
ご加入いただける方はinfo@plyacentre.jpまでご一報ください。

平成26年度も「プレイセンター」をどうぞ宜しくお願いします!

2014年9月ニュージーランド研修【プレイセンター受け入れ増員】

ニュージーランド・プレイセンターへの研修旅行を9月に企画しておりますが、
現地、カンタベリー・プレイセンター協会のご厚意で
1プレイセンター4名(少人数設定)の受け入れ、
合計5か所のプレイセンターへの訪問が可能となりました。
6月末まで申し込みいただければ、あと4〜5名は
申し込み可能です。航空券のチケット確保の関係で
6月末の締め切りで追加募集します。
現地では、プレイセンター協会にも訪問しますし、
二日間プレイセンターへの訪問・見学をいたします。
現地、協会の方からは、「皆さんの訪問を今から楽しみに待っています」
とメッセージをいただきました。
プレイセンターにご興味、ご関心のある方は、ぜひこの機会にご参加ください。

詳しくは、当協会HP(ニュージーランド視察)
http://www.playcentre.jp/tsukuro/nzsisatu.html
をご覧ください。 

ピカソは今年の春から畑も始めました

ピカソは今年の春から畑も始めました。
ピカソファーム
詳しくはピカソのHPをご覧ください。
ピカソファームのブログも始まりましたよ。 

日本保育学会でシンポジウムを実施

2014年5月17日・18日に大阪総合保育大学で開催された
日本保育学会 第67回大会にて自主シンポジウムを実施してきました。

NPO法人日本プレイセンター協会からは、佐藤純子(理事長)、足立隆子(副理事長)、池本美香(アドバイザー)が大会に参加し、報告をしてきました。【18日実施】
全体のテーマが「保護者とともにつくる子育てコミュニティ:新しい保育・教育・子育て支援のかたち」ということでしたので、我われ協会メンバー以外にも3名の実践者・研究者の先生方に加わってもらいました。

平成27年度にスタート予定の新制度実施に伴い、保育・幼児教育の変革期を迎えています。
プレイセンターは、今の日本に本当に必要な活動なのだと本シンポジウムを通じ、フロアの皆さんと再確認できたと思います。

日本では、今後さらなる保育士不足が予測されていますが、保護者は保育・幼児教育資源であり、保育の質を向上させるモニタリング機能をあわせ持った重要な存在であることをもっと世論に訴えていきたいと私たちは考えています。
 
⇒シンポジウムの詳細は、協会ブログに詳しく書きましたので、是非そちらもご覧いただければ幸いです。

 

CSP(センター・サポート・パーソン)をお知らせします

日本プレイセンター協会に登録のセンターに対してのサポートに関してのお知らせです。

センターへのサポートは協会員全員で対応しますが、身近な相談の窓口として担当者を配置します。 各プレイセンターの担当者一覧は、「パートナーシップ」のページにて、随時、お知らせしていきます。


「About us:パートナーシップ」http://www.playcentre.jp/aboutus/partner.html#csp

NPO後、初の総会、シンポジウム開催しました

 2013年6月9日(日)、日本プレイセンター協会、NPO法人化後初の総会、およびシンポジウム、無事終了いたしました。

内容については、ブログにて報告いたします。

シンポジウムの様子

ホームページ一部リニューアルいたしました。

 日本プレイター協会のHPが新しくなりました。まだ一部工事中のところもありますが、写真なども入ってすっきりした感じに仕上がりました。ご覧なってください。

| 1/2PAGES | >>

このホームページに掲載の記事・データベース情報などの無断転載を禁じます。
Copyright © Japan Playcentre association